7人制ラグビーのゲーム分析 ―守備の成功と失敗のプレー時間に着目して―

岡西 康法(大阪体育大学大学院) 梅林 薫(大阪体育大学) 石川 昌紀(大阪体育大学)

キーワード:ラグビー,セブンズ,ゲーム分析

【はじめに】
2016年のリオデジャネイロオリンピックにおいて7人制ラグビー(以下 セブンズ)が、男女ともに正式競技として採用され、2020年の東京オリンピック開催も決定し、メダル獲得に向けた強化が急がれる。本研究は、セブンズ男子エリートチームの試合を対象に、ゲーム分析を行い、強豪チームの攻撃と守備の戦術の特徴を明らかにすることを目的とした。

【方法】
IRBワールドセブンズシリーズの2012年ニュージーランドで行われた14試合を対象とし、録画された映像を用いて分析を行った。分析は試合の時間データを、Windows Media Playerのタイムカウンターで計測した。
分析項目は、試合のプレーとプレー以外の時間とプレー時間内の守備時間を計測した。
<試合のプレー時間の分析>
試合のプレー時間は、コンバージョンキックを蹴る時間やペナルティーゴールを狙って成功したときの時間、ボールがグラウンドの外に出てプレーできない時間以外の時間とした。
<守備時間の分析>
 守備時間は、守備の成功時と失敗時、相手チームのミス時の3種類に分類した。守備の成功は、プレーが途切れたときやプレー中に攻撃側のチームから守備側のチームが攻撃権を獲得した場合とし、守備の失敗は、プレーが途切れたときやトライを奪われた場合とした。相手チームのミスは、セットプレーや密集などで守備の影響がない状況において、ノックオンが発生した場合とラインアウトにおいてノットストレートが発生した場合とし、それぞれの守備時間を計測した。
 測定項目は、勝利チームと敗戦チームに分け、平均化し、対応のないt検定を用いて有意差検定を行った。

【結果と考察】
<試合のプレー時間の分析>
 14分間で行われる試合の実際のプレー時間の全平均は、6.4±0.7分であった。
<勝敗別の守備時間の分析>
 守備の成功時間は、17.0±13.0秒であり、勝利チームと敗戦チームの守備時間に有意な差は見られなかった。
守備の失敗時間は、敗戦チームで19.4±14.3秒、勝利チームで16.9±13.4秒となり、勝利チームよりも敗戦チームの守備時間が有意に長い結果となった。

【総括】
本シリーズでは敗戦チームの守備時間が長くなり、自陣に攻め込まれる可能性が高く、失点につながったと考える。守備の回数を減らし、守備の失敗時間を減らす取り組みが、勝利の要因となる可能性がある。

【参考文献】
日比野弘・松元秀雄・山本巧(1998) ラグビーの作戦と戦術 早稲田大学出版部 11-28,83-94.
RUGBY WORLD CUP SEVENS 2009 STATICAL REVIEW MATCH SUMARY

ページトップに戻る↑

Comments are closed.