研究論文投稿規定

元のページに戻る↑

日本ラグビーフォーラム 研究投稿規程

1. 本誌に寄稿(第1筆者:ファースト・オーサー)できるのは、日本ラグビー学会会員に限る。
また、共同研究者には、他学会所属会員を加えることができる。但し、編集委員会が必要と認めた場合は、会員以外にも寄稿を依頼することができる。
共同研究者に他学会所属者が加わっている投稿論文の場合には、氏名、所属および他学会所属名を記した別紙書類を添付する。
さらに同論文が受理された場合には、他学会所属者一名につき、3,000円を学会事務局に納付する。

2. 寄稿内容はラグビーフォーラム研究領域における総説、原著論文、研究資料(報告)、実践研究、短報、研究・教育上の問題提起として完結したものに限る。

3. 原稿掲載の時期は、原則として1月20日までに受付され、1月末日までに受理されたものは、当核年度発行とし特別な場合は編集員会において決定する。

4. 本誌に掲載された原稿は、原則として返却しない。

5. 原稿は、原則としてワードプロセッサーで作成し、A4版、横書き、全角40字40行とする。文字の大きさは12ポイントを目安とし、上下左右余白は25mm、欧文綴りおよび数値は半角とする。
本文はひらがな現代かなづかいとし、外国語をかな書きする場合はカタカナにする。

6.  原稿の枚数は原則として、短報、研究・教育上の問題提起などは図表を含めて刷り上り4項以内、総説、原著論文、研究資料(報告)、実践研究は図表を含めて刷り上り10項以内とする。
なお、タイトル、項を含めて10項(約15,000字相当)を超える場合、および特別の費用を要する場合は寄稿者の負担とする。

7.  図・表・写真は必ず、A4版以内の大きさでそのまま印刷が可能な原稿とし、写真は白黒のものとする。
図・表・写真は、1つをおよそ刷り上り半項とみなして作成する。文字の大きさについては、縮小された場合のことを想定して適切な大きさとなるように注意する。

8. 図・表・写真にはそれぞれ通し番号とタイトルをつけ、1枚毎にA4版用紙に貼り、本文とは別に番号順に一括する。
また、図・表・写真の挿入箇所には、必ず本文の余白に赤インクにより指示する。

9. 引用文献は、原則として、本文の最後に著者名をABC順に一括し、雑誌の場合には、著者・題目・雑誌名・巻号・ページ・西暦年号の順とし、単行本の場合は著者・書名・版数・発行所・西暦年号・ページの順に記載する。
引用および注記の仕方の詳細は、日本ラグビー学会発行、「日本ラグビーフォーラム研究」『投稿規定および投稿の手引き』を参照すること。

10.すべての原稿には表題、所属、氏名の欧文を必ず添付すること。
但し、原著論文については200語以内の欧文抄録とその和訳を添付すること。

11.原稿は、オリジナル原稿と著者名及び所属機関を削除したコピー3部の合計4部とする。
また原稿の標題のページには(1)論文の内容分類(2)3ないし5のキーワードを明記する。

12.投稿原稿は上記の規程により作成し日本ラグビー学会事務局に送付する。
ただし、査読後の再提出原稿は、「日本ラグビーフォーラム研究」編集委員会宛に送付する。

ページトップに戻る↑

Comments are closed.