子どものスポーツと育成システムによる影響について

子どものスポーツと育成システムによる影響について

桑田 大輔(生駒少年ラグビークラブ)

キーワード:競技開始年齢、動機付け、ムーンスパイラル

【目的】
 ラグビートップリーグ日本出生選手、545人 『競技開始年齢が 小学生以下から 200人 中学生から 135人 高校生以降 210人』(日本ラグビーフットボール協会08HP、08ラグビーマガジン10月号別冊より) 競技スポーツ選手の生まれ月(月齢)データを集めて研究する中で、競技開始年齢にも着目してきた。トップアスリートの生まれ月・競技開始年齢をデータ化し、研究する事で、子ども達がスポーツで身体的・精神的に累進的な素質に応じた成長を促進するような育成システムを、構築できるのではないかと考えた。

【方法】
 各スポーツ競技団体のトップアスリートの生まれ月・競技開始年齢を集計する。その時に、外国選手を除く・人口動態統計・日数割合も考慮した実数(デモグラフィック変数)に近い月別出生数表を作成する。多数の月別出生数表・競技開始年齢と、各年代のスポーツ競技人口の推移を調べる。ラグビーに関しては、トップリーグの月別出生数表・競技開始年齢・ポジション別競技開始年齢などの表を作成、調査する。

【結果】
 全体的にトップアスリート(発達促進者)は4~6月生まれの人数が多い(ムーンスパイラル)。従来「月齢能力差が精神的な差異に繋がる」と考えられてきた。子ども達は、月齢能力差を日常的に幼少の時期よりいろいろな場面で感じてきただろう(走っても、飛んでも、投げても、大きな差異がある)。その結果、各競技団体のトップアスリートは、必ず4~6月生まれが多くなるはずだ。
しかし、ラグビートップリーグ選手の月別出生数表は生まれ月(月齢)による影響が、ほとんどなく、どの年代でも(小学生期・中学生期・高校生期)平均している。上記の考えと符合しない。
だが、ラグビートップリーグ選手のポジション別競技開始年齢表には大きな差異がある。
(考察)
友達・子ども同士間の月齢能力差による、勝敗からくる精神的ストレス(有能感・劣等感)は小さく、コーピングで、ほとんど解決する。各競技スポーツの月別出生数表は、子ども達の処理能力を超える大きなストレスが、ムーンスパイラルの発生要因だと示している。
日本の学校教育制度の中で同じ学年の友達・仲間同士は、コミュニティーを形成しており、学年の意識は非常に強く、生涯続く。月齢能力差と学年が、考慮されない枠組みを取り入れた育成システムは、精神的にも未発達なこの時期に、大きなストレスとなる。
子ども達の月齢能力差(早熟・晩熟)による処理能力を超える大きなストレスによる影響(ムーンスパイラル)・非常に強い学年の意識を無視した場合のストレス以外にも、身体的・精神的に発育・発達に合わない育成システムによるストレスなどがある。

08トップリーグ日本出生選手 545人 ポジションのべ 688人

ポジション\競技開始学年

小学以下

中学

高校以上

合計

PR HO LO

35

52

137

224

FL NO8

47

24

62

133

SH SO CTB WTB FB

176

91

64

331

 

258

167

263

688

 

 

 

 

 

ポジション\競技開始学年

小学以下

中学

高校以上

 

全ポジション

37.5%

24.3%

38.2%

 

PR HO LO

15.6%

23.2%

61.2%

 

FL NO8

35.3%

18.1%

46.6%

 

SH SO CTB WTB FB

53.2%

27.5%

19.3%

 

日本ラグビーフットボール協会HP(2008116日現在)

 

競技開始年齢08ラグビーマガジン10月号別冊より

 

 

【結論】
 日本の各スポーツ人口推移は、小学生から中学生になる段階で、ほとんど増加する(中学生の男子入部率約75%)
小学生期に楽しい思いを胸に中学生に進級した後も、友達なども引き連れ、入部するのだろう。
しかし、ラグビーの場合、平成19年度では、スクールの競技人口が、27,367人 中学生の競技人口は、8,750人だ。あきらかに他スポーツとの差異があり、普及・育成・強化の観点からも大きな問題だ。子ども達の精神的・身体的な発達・発育に合わせた育成システムの構築が必要だ。

ページトップに戻る↑

Comments are closed.